セーフティ・レーザスキャナOS32C

セーフティ・レーザスキャナOS32C

小型、軽量で使いやすいセーフティレーザースキャナです。
Ether Net/IP搭載により標準制御との親和性向上しました。
侵入探知や衝突探知、存在探知などで活躍しています。

特長

01

動作状況表示灯

8個の侵入表示灯によって、検出物の侵入方向を表示します。
動作状況やエラーコードを前面にあるディスプレイで表示します。

02

エリア設定

防護エリア1つ・警告エリア2つのエリアセットを業界最多の70組設定可能。複雑なAGV軌警告エリアを2つ設定できるため、警告音、速度制御など、用途に合わせた使い方ができます。
03

省配線

エリアセット切替に必要な入力線は、独自のアルゴリズムで省配線を実現します。

例えば、6セットの切替えなら、4本の配線でOK。
8本全ての入力線を使えば、70セットまでエリア切替が可能です。
04

コンパクトサイズ

コンパクトサイズで 防護エリア4m*、 検出角度270°を実現します。
*防護エリアが最大4mの時、最小検出物体はΦ70mmです。

05

防護エリア内の誤検出を軽減

OS32Cは、複数の反射光を検出した場合に反射光を識別する、汚れ許容モード(PTM:Pollution Tolerance Mode)を搭載しました。
防護エリア内のほこりや粉塵に反射した小さな反射光を無視することで、汚れによる機械の予期しない停止を回避することができます。
06

人間とロボットの共同作業

セーフティーレーザースキャナが装備され、人間とロボットの共同作業を行い、より安全な作業環境を実現します。
お問い合わせ

製品サイト

関連商品

製造ラインの人手不足でお悩みの方は
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
モノづくりに革命をもたらす
お役立ち資料はこちら