【よくある問合せ】エンコーダ パルスカウントの逓倍って


目次[非表示]

  1. 1.エンコーダーのパルスを取り込むとき2逓倍、4逓倍ってあるけど、これって何ですか?
  2. 2.逓倍エンコーダパルスカウントとは
  3. 3.パルスカウントの*逓倍 問題? 

エンコーダーのパルスを取り込むとき2逓倍、4逓倍ってあるけど、これって何ですか?

(逓倍は、「ていばい」と読みます。  意味は、基本波・信号を整数倍すること)


⇒エンコーダからのパルス数を何倍にして取り込むか、その設定のことです。

例えば、使用するエンコーダが1024パルス/回転(1逓倍)の場合で考えると、2逓倍は、2048パルス/回転

4逓倍は、4096パルス/回転となります。

では、なぜパルス数を2逓倍、4逓倍にするのでしょうか?

例えば、1024パルス/回転(1逓倍)のエンコーダをコンベア軸に取り付けたとします。

その軸が1回転でコンベアが1024mm移動するとしたら、1逓倍のパルス分解能は、1mm/パルスとなります(1パルス、1mm移動)。

2逓倍のときは、2048パルス/回転なので、パルス分解能は、0.5mm/パルス

4逓倍では、4096パルス/回転なので、パルス分解能は、0.25mm/パルス

以上より、逓倍はパルス分解能の精度を上げることを意味します。

こうすることで、位置決めなどの制御系を構築する場合、高精度の制御系を実現することが可能となります。

逓倍エンコーダパルスカウントとは

パルスカウントの*逓倍 問題? 

パルス分解能を上げる(1→2→4逓倍)と問題がある?

「パルス分解能を上げることで、ノイズに弱くなるので注意」と言う記述を散見することがあります。本当でしょうか?

1970~80年代、今から約4、50年前は、今日のようなノイズについての知見も無く、ノイズについての解析や適正なデバイス、回路、基板、パターン、実装、配線上の対処も各メーカーバラバラで確立していなかった時代でした。そういう時代の話しが現在に至るまで修正されずに、常識として取扱説明書などにいまだに掲載され続けています。

現在はIEC規格IECガイド107に則ったものづくりをおこなっているため、「分解能をあげる=ノイズに弱くなる」ということにはなりません。

構築したシステムが本当にノイズに弱いのであれば、1逓倍でもノイズによる影響を受けます。 設計者は、この点を理解しておく必要があります。

【Check Point】主に考慮すべき点

構築するシステムに必要な精度、パルス入力ユニットの最大入力周波数、エンコーダの

1回転当たりのパルス数、エンコーダの設置場所、使用ケーブルの選定、盤内・外の配線ルート、接地アースなど、システムを構築する上では確実に考慮しておく必要があります。


Copyright 2022 SK Solution co.Ltd All rights reserved

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧