最近話題の協働ロボットとは?  

協働ロボットと産業ロボットの違いとは。


最近、TVや紙上、ブログなど色んなところで取り上げられている協働ロボット、これって何ですか? 

産業ロボットと同じなの? なんとなく違いは分かるけど具体的には何が違うか分からない。

そのようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、協働ロボットに関する疑問を複数回に分け記載いたします。



さっそくですが、協働ロボットとは、

産業Robotの一種で、機能安全(Functional Safety)という考えを取り入れたRobotのことをいいます。


国際規格 ISO 10218-1:2011(JIS B 8433-1:2015)に規定されている下記条件を満たしたRobotのことです。

協働運転中とわかる視覚表示を備えており(前提条件)、更に下記1~4の要求事項に一つ以上適合したものです。


  1. 安全適合の監視停止

  2. ハンドガイド

  3. 速度及び間隔の監視

  4. 本質的設計及び制御による動力、力の制御


簡単に言えば、協働運転中の視覚表示を持ち、1~4の一つでも適合していれば、協働ロボットと呼べるということです。

従って、協働ロボットを採用する場合、どの要求事項に適合しているかメーカーに確認する必要があります。



次回より、協働ロボットの要求事項1~4について解説していきます。


【Note】

協働ロボットの名称について最近、協働協調という言葉を使って、協働ロボット協調ロボットという名称で呼ぶメーカーもありますが、規格上は協働が正しい名称です。メーカーは、商品群のコンセプトなどにより違う言葉を使うこともありますので、注意が必要です。


Copyright 2022 SK Solution co.Ltd All rights reserved

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧