オムロングループ 九州エリア オムロン制御機器販売店

お問い合わせ

アプリケーション事例Case Study

アプリケーション事例

すぐに始められるIoTによる楽々現場へ

ステップ1:シンプルに稼働率を見える化
・設備・工程に設置した信号灯から稼働情報を収集、見える化
・「信号灯+AirGRID🄬」によるワイヤレスデータ通信
・見える化アプリケーションで 誰でもわかる状態に見える化

ステップ2:ターゲットを決め効率的に改善
・目的とターゲットを決め最小システムで欲張らずにスモールスタート
・シンプルなデータ俯瞰から改善着眼点を絞り、改善に着手
・ムリ・ムダ・ムラの発見と改善は日々の現場改善活動により実行

ステップ3:改善結果を定量的に評価
・改善前後の効果・実態を定量的に見える化
・時間、パーセントを改善効果としてコスト換算
・現場作業者、生産管理者がともに効果を実感

ステップ4:拡張、横展開で効果を積上げ
・同一工程の改善着眼点を拡大
・センシング情報を付加して原因・要因を深堀り改善策を進化
・横の工程、ラインにシステムを展開し効果をN倍化




【システム構成】
+信号灯
+送信機
+受信機
+アプリケーションソフト

【積層信号灯の特長】
・インナーレンズを放射線状に配置した新設計の360°均一光レンズ(特許出願中)
・LEDの効率的かつ効果的な発光を実現。
・広い発光面積で明るく光ることで製造現場でより遠方からの報知に役立つ。
・業界初の円筒型無孔性(穴なし)ブザーを採用。
・凹凸形状を無くしたスムースサーフェース
・ほこりや水、汚れの侵入を防ぐ(IP保護等級65)
・材質は衝撃に強いポリカーボネートを使用、配線も断線を防ぐキャブタイヤケーブルを採用。

【WDシリーズ送信機・受信機の特長】
・既存の信号灯に追加できるため、低コストで見える化を実現できる。
・24 時間365 日設備稼働データを自動収集できる
・手書き日報のデータ入力や分析、資料作成から解放される。(別途有償ソフト要)
・ワイヤレスシステムなので設備のレイアウト変更、更新、増設などの配線工事の手間を軽減できる。

【システム運用ソフトウェア、WDS-WIN01】
・システムで収集した設備稼働データをCSVファイル形式で出力するアプリケーション
・ファイル設定アプリ、システム設定アプリ、OS対応の拡張

〈推奨動作環境〉
Windows®7(32/64bit)、Windows®8.1(32/64bit)、 Windows®10(32/64bit)、Windows Server®2012R2(64bit)、 Windows Server®2016(64bit)